骨端線を刺激する運動方法について、専門家に聞いてみた結果とは?

子どもの身長がどのほど遅れるかは、父兄の身長で判るという遺伝原理を耳にしますが、本当は遺伝のインパクトはさほど激しくはありません。
練習段階で、必要な栄養を摂取しているか、適度な作用をしているかが影響してしまう。
カルシウムを摂取するだけでは骨は伸びません。
では、どうしたら骨を引き伸ばすことが出来るのでしょうか。

 

身長が遅れるためには、骨端線という軟骨に適度な刺激を与えることが必要になります。
骨端線は、骨という骨の継ぎ目にあり、骨細胞を生成する位置だ。ここに栄養素と刺激を与えると、骨端線は積極的に骨を作っていきます。
身長を引き伸ばすためには、練習ホルモンが必要です。また、練習に必要なたんぱく質やカルシウムなども、十分な容積を必要とします。
また、適度な作用を通して、骨端線に刺激を与えることも重要です。身長を引き伸ばす作用としては、縦に刺激を与えるものがかわいく、バスケットボールやバレーボールなどは無論、なわとびやランニングも適しています。

 

しかし、過度の作用は逆威力だ。偏った骨や筋肉への外圧は、身長が生えることを妨げてしまう。
同じように、部品だけを強力に強めるような筋トレも、身長の向上には適していません。
徹頭徹尾全身に均等に負荷がかかるような作用が良いのです。

 

大人になると、骨端線はかたくなって身長の向上がとまってしまいます。
骨端線が軟らかいうちに、適度な刺激を与えて、身長の向上を助けていきましょう。